読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画と映画の音楽  by  M・I

音楽を気にしながら映画を観る、そんな雑感

2017.04.20 「パッセンジャー」 日劇マリオン

2017.04.20「パッセンジャー」日劇マリオン 漆黒の宇宙にただ二人取り残された、絶対孤独の哲学的SFを期待していたが見事に肩透かしを喰った。 5000人の宇宙移住者を乗せた宇宙船が彼の地を目指す。到着には120年掛かる。みんな冬眠状態で運ばれ、…

2017.04.04 「ムーンライト」 日比谷シャンテ

2017.04.04「ムーンライト」日比谷シャンテ マイアミの黒人スラムに住む孤独な少年、母はヤク中母子家庭、おまけにゲイらしい。周りからそう見られ、それをタネにイジメられる。どこにも居場所のない少年の成長の物語。 本名はシャロン。小さい頃は…

2017.02.06 「マグニフィセント セブン」 新宿ピカデリー

2017.02.06「マグニフィセント セブン」新宿ピカデリー 「七人の侍」「荒野の七人」のリメイク。それにしても「マグニフィセント セブン」というそのままタイトルはいかがなものか。でも確かに上手いタイトルが浮かばないなぁ。 デンゼル・ワシント…

2017.03.28 「わたしは、ダニエル・ブレイク」 ヒューマントラスト有楽町

2017.03.28「わたしは、ダニエル・ブレイク」ヒューマントラスト有楽町 ダニエル (デイブ・ジョーンズ) は熟練の大工、60歳位、妻に先立たれ子供はいない。地道に働いてきたが心臓病と分かり、医者から働くことを禁じられる。そこで支援手当の申請…

2017.03.21 「たかが世界の終わり」 ヒューマントラスト有楽町

2017.03.21「たかが世界の終わり」ヒューマントラスト有楽町 題名につられて見てしまった。有名な監督らしい。カンヌで賞を取ったことも後で知った。 冒頭の深い闇。効果音がFIしてそれが夜の機内であることが解る。いかにもな思わせぶり。思わせぶ…

2017.03.17 「ラ・ラ・ランド」 日比谷シャンテ

2017.03.17「ラ・ラ・ランド」日比谷シャンテ ハリウッドへ向かうハイウェイは夢を抱えた若者の車で大渋滞である。カーラジオから流れる音楽のコラージュが凄い。クラブDJもビックリという巧みな繋ぎで何曲並べているのか分からない。エンドロール…

2017.01.25 「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」 日比谷シャンテ

2017.01.25「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」日比谷シャンテ ファーストカットはナイロビの可憐な少女である。父から勉強を教わり、母が焼いたパンを市場で売る。フラフープで遊び、原理主義者に咎められるも父はそっとかばう。ナイロビ…

2017. 1.23 「ヒトラーの忘れもの」 シネスイッチ銀座

2017.01.23「ヒトラーの忘れもの」シネスイッチ銀座 それにしても上手い邦題を付けたものである。ポスターも何も見ずにこのタイトルだけを見たら、ちょっとロマンチックなものさえ感じてしまう。「ヒトラーの偽札」というナチを扱いつつ欧州の知性…

2016.11.07 「ベストセラー 編集者バーキンズに捧ぐ」 日比谷シャンテ

2016.11.07「ベストセラー 編集者バーキンズに捧ぐ」日比谷シャンテ 1929年、バーキンズの元にたらい回しにされた原稿が持ち込まれる。”モノにならない、だがユニークだ” というコメントが付いて。分厚い原稿、それをデスクで読み始める。帰りの列…

2016.11.02 「手紙は憶えている」 日比谷シャンテ

2016.11.02「手紙は憶えている」日比谷シャンテ アウシュビッツの生き残りは僅かになっている。ホロコーストへの反省は薄らいで行く。逆に賛美するような動きが世界中に起きている。 高級老人ホームの90歳になんなんとする主人公セブ、あのクリス…

2016.10.3 「ある天文学者の恋文」 日比谷シャンテ

2016.10.3「ある天文学者の恋文」日比谷シャンテ 光の速さをしても届くのに何百年何千年と掛かる彼方の星は、空を見上げてその光を確認した時、すでに消滅しているのかも知れない。かつて放った光だけが残る。 初老の天文学者で大学教授のエド (ジ…

2016.10.4 「ハドソン川の奇跡」 新宿ピカデリー

2016.10.4「ハドソン川の奇跡」新宿ピカデリー 鳥によるエンジントラブルから、冬のハドソン川へ着水して全員無事だったという2009年の実話に基づく映画。搭乗、操縦席、事故発生、管制官とのやり取り、ハドソン川への不時着、救出、どれも徹底的に…

2016.9.12 「太陽のめざめ」 シネスイッチ銀座

2016.9.12「太陽のめざめ」シネスイッチ銀座 16歳のどうしようもない悪ガキ・マロニー(ロッド・バラド)。6歳の時、母親に捨てられた経験を持つ。その時担当した判事がカトリーヌ・ドヌーヴ。10年を経て今ドヌーヴと再会する。母親は相変わらず荒ん…

2016.9.05  「アスファルト」  シネリーブル池袋

2016.9.05 「アスファルト」 シネリーブル池袋 フランスの郊外の吹き溜まりの様なアスファルトの団地。我々的にはコンクリートと総称してしまう方が通じるか。故障したエレベーターを修理すべきかどうかの住民集会から始まる。 車椅子の初老の男、…

2016.8.18 「シング・ストリート 未来へのうた」 シネリーブル池袋

2016.8.18「シング・ストリート 未来へのうた」シネリーブル池袋 1985年、ダブリン。不況の風は吹き荒れている。50キロ程隔てたイギリス、ロンドンはその頃、世界のポピュラー音楽の中心だった。 高校生コナー(フェルディア・ウォルシュ)、頬っぺた…

2016.8.2 「ラサへの歩き方 祈りの2400km」 イメージフォーラム

2016.8.2「ラサへの歩き方 祈りの2400km」イメージフォーラム 途中までドキュメンタリーと思って見ていた。それにしてはカメラはしっかり固定されている。手持ちの画は少ない。たまに切り返しがある。だがそこに映る人々が芝居をしているとは思えな…

2016.7.28 「トランボ」 日比谷シャンテ

2016.7.28「トランボ」日比谷シャンテ ダルトン・トランボ(1905~1976)、「ローマの休日」「スパルタカス」「黒い牡牛」「ジョニーは戦場へ行った」等の脚本家、非米活動委員会に告発されたハリウッド・テンの一人。 第二次大戦中、米ソは同盟国でア…

2016.7.26 「ブルックリン」 日比谷シャンテ

2016.7.26「ブルックリン」日比谷シャンテ 刺激的な音も音楽も一つも無い映画を久々に見た。全編アナログの香りがする、もちろんデジタル機器は使っているのだろうが、穏やかなトーン、但ししっかりと一本筋が通っている良い映画である。 1950年代…

2016.7.8 「マネーモンスター」 Tジョイ大泉

2016.7.8「マネーモンスター」Tジョイ大泉 本番前のTV局、人気司会者.リー・ゲイン (ジョージ・クルーニー)、敏腕ディレクター.パティ・フェン ( ジュリア・ロバーツ)、慌しい打ち合わせ、動き回るスタッフ、カメラはそれを手持ちで追い回す。矢継…

2016.6.23 「エクス・マキナ」(Ex.Machina) 池袋ヒューマックスシネマ

2016.6.23「エクス・マキナ」(Ex.Machina) 池袋ヒューマックスシネマ フランケンシュタイン博士、天馬博士、洋の東西を問わずマッドサイエンティストの夢は“人間を作りたい”、ネイサン (オスカー・アイザック) もこの系譜に属する。 世界的検索エン…

2016.6.20 「ズートピア」 (吹き替え版) 新宿ピカデリー

2016.6.20「ズートピア」(吹き替え版) 新宿ピカデリー アニメとミュージカル (舞台も映画も) はどうも好きになれない。友人から、“いいから見てみろ”と言われて見た。感動してしまった。 セルにしろCGにしろ、どちらの質感も好きではない。これはCG…

2016.6.18 「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」

2016.6.18「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」新宿ピカデリー 生きることに何の感動も感じない貴族の跡取りが自殺を試みるもどれも失敗、偶然知ったブリュッセルの自殺請負の代理店で、時間も場所も方法も知らされない、突然の事故に…

2016. 6. 13 「教授のおかしな妄想殺人 」 シネリーブル池袋

2016.6.13「教授のおかしな妄想殺人 」シネリーブル池袋 ウッディ・アレンは今や思いついた企画は何でも実現出来る人の様だ。近年の多作ぶりは目を見張る。話はどれも殆どワンアイデア。締めは、“人間この不可解でいい加減な、愛すべき生き物”、そ…

2016. 5. 20 「レヴェナント」 Tジョイ大泉

2016.5.20「レヴェナント」Tジョイ大泉 アイルランド系とイタリア系の戦いだったり、ヒスパニックとの戦いだったり、黒人差別だったり、そっちにばっかり目が行っていたが、そもそも新大陸に上陸した白人は原住民であるインディアンを侵略し虐殺し…

2016.5.18「ボーダーライン」 角川シネマ有楽町

2016.5.18「ボーダーライン」角川シネマ有楽町 カナダ人、ドゥニ・ビルヌーブ、「灼熱の魂」の監督。中東のどこか、民族と宗教が対立して引き起こした混沌、そこで人間の尊厳やら命の大切さやら親子の繋がりやら、人類が築き上げた共に生きていく為…

2016.5.06 「スポットライト 世紀のスクープ」

2016.5.06「スポットライト 世紀のスクープ」Tジョイ大泉 社会派エンタテインメント。オスカーの脚本賞と作品賞を受賞した。 カトリックの聖職者の幼児に対する性的虐待を、アメリカの地方紙ボストングローブが告発した実話に基づく話。こういう“実…

2016.4.25「ルーム」日比谷シャンテ

2016.4.25「ルーム」日比谷シャンテ 先日も千葉大の学生が少女を2年間監禁するという事件があった。7~8年前には新潟で7年に及ぶ長期の監禁事件があった、確か。おぞましいが現実、頻出している。 17歳で誘拐され納屋に監禁され、犯人の子供を産み、…

2016.3.29 「リリーのすべて」 みゆき座

2016.3.29「リリーのすべて」みゆき座 肉体は生まれた時から男女の違いを明白に示す。しかし意識は後付けの様な気がしてならない。肉体と同じ様に、男の意識、女の意識、と明確に違う構造になっているのだろうか。脳内に先天的に明確な違いがあるの…

2016.3.16 「マジカル・ガール」 ヒューマントラスト有楽町

2016.3.16「マジカル・ガール」ヒューマントラスト有楽町 12歳の頭を短髪にした華奢な少女アリシアが突然セーラームーン (私はこの手のキャラ、これしか知らない、もっとジャストなアニメがあるのだろう) の様な格好をして長山洋子の「春はSA-RA ,S…

2016.3.13 「ブルージャスミン」 DVD 

2016.3.13「ブルージャスミン」DVD 2014.5.10公開 ケイト・ブランシェットという女優を良く知らなかった。「キャロル」を観て急ぎこのDVDを観た。 NYのセレブ、社交界の花形だった女、夫はITなのか金融なのか分からないが、ほとんど詐欺同然の行為…

2016.3.8 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」 丸の内ピカデリー

2016.3.8「マッドマックス 怒りのデス・ロード」丸の内ピカデリー ようやく観た。大きなスクリーンで観られて良かった。これこそ大画面大音量で観ないと魅力は半減する。 セットも車も火薬もスタントもかつてより数段アップ、そこにCGが加わり、これ…

2016.3.4 「マネー・ショート 華麗なる大逆転」 Tジョイ大泉

2016.3.4「マネー・ショート 華麗なる大逆転」Tジョイ大泉 リーマンショックをいち早く予測して、空売りを浴びせ、大儲けをした4人の男、原作はこの男たちのノンフィクションだそうである。相当面白いはずだ。それを映画にする? ノンフィクションは…

2016.3 . 1 「キャロル」 渋谷シネパレス

2016.3.1「キャロル」渋谷シネパレス ケイト・ブランシェットとルーニー・マーラ、この二人の女優の素晴らしさに尽きる。パトリシア・ハイスミスの自伝的(?)原作。1950年代のNY。上流社会に属するキャロルと写真家を目指す若きテレーズ、この二人の…

2016.2.9 「ブラック・スキャンダル」 新宿ピカデリー

2016.2.9「ブラック・スキャンダル」新宿ピカデリー NYでもLAでもシカゴでもない。ボストンのギャングの話が珍しい。実話のよう。 ボストンの貧しい下町で育った兄弟と友達、ひとりはギャング、ひとりはFBI、そして一人は上院議員、この3人が固い絆…

2016.2.16 「オデッセイ」 新宿ピカデリー

2016.2.16「オデッセイ」新宿ピカデリー 火星の基地の外での作業中、突然襲った嵐に吹き飛ばされた男ワトニー(マット・デイモン)、ロケットは傾き、このままだと発射不可能となる。決断を迫られた女性隊長ルイス(ジェシカ・チャスティン)は、ワトニ…

2016.2.5 「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」 ヒューマントラストシネマ有楽町

2016.2.5「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」ヒューマントラストシネマ有楽町 『衣食足りて礼節を知る』という。“衣食”が足りなくても礼節を知っている人が0.0001%くらい、“衣食”が足りても礼節を知らない人間が40%くらい、あとの大半は“衣食”が足…

2016.1.27 「スター・ウォーズ フォースの覚醒」 日劇マリオン

2016.1.27「スター・ウォーズ フォースの覚醒」日劇マリオン 1977年、最初の「スターウォーズ」を観た時、巨大な宇宙船やらH型の攻撃機やらが宇宙狭しと飛び回り、こんな映像初めてだ! と口を開いて見入ってしまった。ジェダイもフォースも関係なか…

2016.2.3 「ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります」 シネスイッチ銀座

2016.2.3「ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります」シネスイッチ銀座 画家アレックス(モーガン・フリーマン)と教師ルース(ダイアン・キートン)の夫婦はブルックリンのエレベーターのないアパートの最上階(と言っても5F?) に住んで40年になる。冒頭、…

2015.8.17「人生スイッチ」ヒューマントラスト有楽町

2015.8.17「人生スイッチ」ヒューマントラスト有楽町 これも昨年夏観たもののブログ開始時に文を纏めておらず、今日のアップとなった。 オムニバス映画は大体中途半端になってつまんない。これは違った。初めて絶賛のオムニバス映画である。 エピソ…

2016.1.15 「ブリッジ オブ スパイ」 Tジョイ大泉

2016.1.15「ブリッジ オブ スパイ」Tジョイ大泉 導入が圧巻である。 自画像を描く痩せた初老の男、NYブルックリン大橋の袂の汚いアパート、街のノイズが効いている。地下鉄、物静かなこの男を慌しく追うFBI、イースト川での写生、ベンチの下に貼り…

2016.1.7 「マイ・ファニー・レディ」 ヒューマントラストシネマ有楽町

2016.1.7「マイ・ファニー・レディ」ヒューマントラストシネマ有楽町 ピーター・ボグダノヴィッチ監督、懐かしい名前。「ラストショウ」の監督。私の青春の1本である。 ブロードウェイのお芝居作りのバックステージをコメディーで描く。 今は映画で…

2016.1.6 「情熱のピアニズム」 DVD

2016.1.6「情熱のピアニズム」DVD 保谷北口から数分の住宅街に、こんなところにこんな店が! と驚くようなジャズのお店がある。「Hōya-Bunca」、JBLのスピーカーでアナログレコードをかける。LPレコードはどの位あるのか。週に一ぺん、そこで空気を通…

2016.1.5「黄金のアデーレ 名画の帰還」池袋シネリーブル

2016.1.5「黄金のアデーレ 名画の帰還」池袋シネリーブル かつてベトナム戦争が無かったらアメリカ映画は成立しなかったと言われた時期がある。「タクシードライバー」や「ディアハンター」の頃。同じようにナチのホロコーストが無かったら欧州映画…

2015.12.18 「007 スペクター」 Tジョイ大泉

2015.12.18「007 スペクター」Tジョイ大泉 今作のトップはメキシコ、「死者の日」の祭り。街中がゾンビ風に化粧した群衆で埋め尽くされている。それをクレーンと空撮で丸ごと収める。その中を、人をかき分けボンド。贅沢この上ない。貧しい邦画的…

2015.12,3「ミケランジェロ プロジェクト」日比谷シャンテ

2015.12,3「ミケランジェロ プロジェクト」日比谷シャンテ とっても懐かしい映画だった。子供の頃洋画を見始めて、邦画とは違う、豪華で明るくてユーモアがあって心浮き立つ、それがアメリカ映画だった。見ながら僕は完全にアメリカ人になっていた…

2015.11.3 「アメリカンドリーマー」シャンテ

2015.11.3 「アメリカンドリーマー」シャンテ 原題は「A Most Violent Year」、1981年、NYが最もヤバかった年の話である。 1970~80年代の「ゴッドファーザー」といったところか、それも少しカタギ寄りの。 イタリアかヒスパニックか、どちらかの移…

2015.10.28 「アデライン、100年目の恋」シネリーブル池袋

2015.10.28 「アデライン、100年目の恋」シネリーブル池袋 「嵐が丘」の様な時間を超えた恋の物語を想像していた。お墓や骸骨が出てきたりの。ところがドロドロは一切無い中々洗練されたファンタジー、後味は良かった。 舞台はサンフランシスコ、1…

2015.9.16 「わたしと出会うまでの1600キロ」スバル座

2015.9.16 「わたしと出会うまでの1600キロ」スバル座 離婚した母に女手ひとつで育てられ、娘はその母と愛憎半ば、その母が死ぬ。心の整理がつかず男と薬に溺れてなんてよくある話。その娘がメキシコからカナダまでの西海岸の砂漠と山脈と森を踏破…

2015.9.11 「ミッションインポシブル ローグネイション」渋東シネタワー

2015.9.11 「ミッションインポシブル ローグネイション」渋東シネタワー 「ソ満国境~」終わって15分後にこれ。真逆から真逆へ。 いろんな映画があって良い。何かを伝えたい映画が「ソ満国境~」ならこちらは2時間ちょっと何も考えずに映画の世界に浸…

2015. 6 23「靴職人と魔法のミシン」シャンテ 

2015. 6 23「靴職人と魔法のミシン」シャンテ 地下に仕舞ってあった父親譲りの古びたミシン、これで修理した靴を履くとその靴の持ち主に変身出来る、そんな他愛もない小噺をNYの庶民を主人公に洒落た映画にした。ウディ・アレンのインテリNYとは…