読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画と映画の音楽  by  M・I

音楽を気にしながら映画を観る、そんな雑感

邦画

2017.05.11 「追憶」 新宿ピカデリー

2017.05.11「追憶」新宿ピカデリー しっかりした脚本、的確な演出、詩情溢れる撮影、人気者を適材適所に配したキャスティング、役者たちの熱演、映画をフィルムで撮影していた頃の落ち着きと格調を持つ作品である。(今、映画はVTRで撮影しそれをフ…

2017.05.08 「無限の住人」 丸の内ピカデリー

2017.05.08「無限の住人」丸の内ピカデリー 三池ワールド全開。アバンでキムタクが無限の住人になった経緯がモノクロで語られる。コントラストを利かせた画面が黒澤時代劇を彷彿とさせる。「十三人の刺客」(2010) 以来、僕は黒澤時代劇を継ぐ者は三…

2017.03.31 「バンコクナイツ」 テアトル新宿

2017.03.31「バンコクナイツ」テアトル新宿 昔、「ダウン バイ ロウ」を見た時と同じ衝撃だった。音楽の使い方である。映画の内容は全く違う。音楽の種類も違う。でもどちらもいわゆる劇伴ではない、独立した楽曲。それをぶっきら棒に充てている。…

2017.03.10 「愚行録」 丸の内ピカデリー

2017.03.10「愚行録」丸の内ピカデリー 冒頭、夜の混んだ乗り合いバスの中、座っている妻夫木にお節介なオヤジが、脇に立つ老婆に席を譲れと促す。カットは中途半端に長い。しかも手持ち。今風メリハリの演出とは違う。導入としては絵的なインパク…

2017.02.13 「キセキ あの日のソビト」 丸の内TOEI

2017.02.13 「キセキ あの日のソビト」丸の内TOEI “命懸け”という言葉は死語になったのかもしれない。かつて若者は命を懸けて成りたい者に成ろうとした。演歌歌手を目指すものは命懸けで東北から上野へと上京した。シンガーソングライターを目指す…

2017.02.03 「恋妻家宮本」 Tジョイ大泉

2017.02.03「恋妻家宮本」Tジョイ大泉 50歳過ぎて、子供も片付いた。そこに訪れる “私の人生これで良かったの?” 熟年クライシス。子供が居る居ない、経済的問題、親の介護、個々の条件はみんな少しずつ違うも、大きな背景としては女性に経済力が…

2016.12.20 「湯を沸かすほどの熱い愛」 有楽町ヒューマントラスト

2016.12.20「湯を沸かすほどの熱い愛」有楽町ヒューマントラスト 予告編、癌を宣告され余命幾ばくも無いしっかり者の宮沢りえ、蒸発した旦那を探し出し、閉じていた銭湯を再開して、イジメに合っている娘の尻を叩き、それだけで、あゝ病気物余命物…

2016.12. 05 「この世界の片隅に」 丸の内TOEI

2016.12. 05「この世界の片隅に」丸の内TOEI テアトル新宿で予告編を見た。それだけで胸が一杯になった。「悲しくてやりきれない」(作詞・サトウハチロー、作曲・加藤和彦) は大好きな曲である。それをたどたどしい女声のVocalがほとんどアカペラで…

2016.11.15 「ぼくのおじさん」 丸の内TOEI

2016.11.15「ぼくのおじさん」丸の内TOEI エンドロールが出るまで監督が山下敦弘とは知らなかった。時代ズレしたおっさんが監督したのかと思っていた。愕然とした。 「リンダリンダリンダ」(2005) も「天然コケッコー」(2007) も「苦役列車」(拙ブ…

2016.11.18 「溺れるナイフ」 Tジョイ大泉

2016.11.18「溺れるナイフ」Tジョイ大泉 原作はコミックらしい。漫画嫌い。未読。「ディストラクションベイビーズ」(拙ブログ2016.6.08) の二人なので見に行く。菅田、小松のファンらしき若者でマアマアの入り。 小松菜奈と菅田将暉を美しく撮る映…

2016.11.10 「永い言い訳」 TOHOシネマズ日本橋

2016.11.10「永い言い訳」TOHOシネマズ日本橋 妻がバス事故で突然死んだ。その時夫は若い女と情事の真っ最中だった。誰に言い訳をするのか。言い訳すへき妻は死んでいる。自分への言い訳? 自分自身が納得して受け入れること? 衣笠幸夫 (本木雅弘) …

2016.10.29 「君の名は。」 Tジョイ大泉

2016.10.29「君の名は。」Tジョイ大泉 運命の糸で結ばれた純愛というものがある。どんな困難も乗り越えて二人は結ばれることを決定付けられている。この映画は、そんな愛がある、ということが前提だ。 ある日突然、自分の肉体が見知らぬ異性と入…

2016.10.23 「何者」 Tジョイ大泉

2016.10.23「何者」Tジョイ大泉 内輪のチチクリアイ、これが一番の侮辱だった。学生の頃の表現活動なんてそんなもんだ。そのエネルギーの源は僕らの頃はただ“モテたい”だった。 芝居やバンドや小説や、身内でチチクリアっていた学生がモラトリア…

2016.10.14 「SCOOP」 日劇マリオン

2016.10.14「SCOOP」日劇マリオン どんなヤンチャも歳と共に世間と折り合いをつけていくものだ。それが自然。でも折り合いを付け損なった奴がいる。どうしても折り合えない奴がいる。 雑誌などと言う半分ヤクザな業界でも、そこそこの歳になれば、…

2016.10.13 「お父さんと伊藤さん」 渋谷シネパレス

2016.10.13「お父さんと伊藤さん」渋谷シネパレス お父さん (藤竜也) 74歳、伊藤さん (リリー・フランキー) 54歳、彩 (上野樹里) 34歳、ちょうど20ずつ違う、誰の身に重ねるかで観方が変わる。 お父さんは定年まで教師を務めあげ、何年か前に妻…

2016.9.27 「オーバーフェンス」 シネリーブル池袋

2016.9.27「オーバーフェンス」シネリーブル池袋 人生思い通りに行く奴なんていない。函館の職業訓練校の建築コース(大工コース)には思い通りにいかなかった連中が集まっている。みんな若くない。一人大学を中退して早くもそこに通う奴(満島真之…

2016.9.21 「怒り」 日劇マリオン

2016.9.21「怒り」日劇マリオン 東宝マークの途中からSynのパッドが静かにスネークインして空撮の夜の住宅街を覆う。Pfのリヴァーブを深くかけた高音域の打音がゆっくりとオフで入る。その一角、”怒り”が、ふとした切っ掛けで爆発する。凄惨な殺人…

2016.9.14 「セトウツミ」 テアトル新宿

2016.9.14「セトウツミ」テアトル新宿 映画にはこういう可能性もあったのか。 漫才のようなやり取りをそのまま映画として映し出す。カメラも基本は二人を正面から映す。もちろんそれだけでは持たないので、時々は後ろ斜めから撮ったり、ゆっくりと…

2016.9.14 「超高速! 参勤交代 リターンズ」 新宿ピカデリー

2016.9.14「超高速! 参勤交代 リターンズ」新宿ピカデリー 前作に引き続き、娯楽映画の王道を守って絶好調。話は単純、登場人物のキャラも上手く色分けされ、それに個性ある役者をはめれば、話は自動的に転がっていく。そう持って行った脚本監督は…

2016.8.30 「後妻業の女」 新宿ピカデリー

2016.8.30「後妻業の女」新宿ピカデリー 「後妻業の女」このタイトルが内容をすべて語ってしまっている。どんな映画だろう? と推測する余地がない。そこに大竹しのぶと来た。もう観る前から想像がつく。面白いに決まっている。 高齢で資産があり持…

2016.7.22 「二重生活」 新宿ピカデリー

2016.7.22「二重生活」新宿ピカデリー 哲学科の大学院生 (門脇麦) が卒論のテーマに”尾行”を取り上げる。指導の教授(リリー・フランキー)のサゼスチョンによるものだ。尾行の相手は近所に住む出版社のやり手編集者 (長谷川博己)、美しい妻と可愛い…

2016.7.25 「シン・ゴジラ」 TOHOシネマズ新宿

2016.7.25「シン・ゴジラ」TOHOシネマズ新宿 「シン・ゴジラ」を巡って賛否両論が喧しい。僕はそのどれを見ても頷いてしまう。その通りだ! その通りだ! どれも一面での真実を言い当てている。こんな見方があったんだ、こんな誤解をされるんだ、賛も…

2016.5.24 「64 (ロクヨン) 前篇」、8.05 「64 (ロクヨン) 後篇」

2016.5.24「64 (ロクヨン) 前篇」新宿ピカデリー 8.05「64 (ロクヨン) 後篇」Tジョイ大泉 かつて、原作・松本清張、脚本・橋本忍、監督・野村芳太郎、このトリオの作品は、多少の良し悪しはあれ、大きく外れることは無かった。「張り込み」…

2016.6.24「クリーピー 偽りの隣人」シネリーブル池袋

2016.6.24「クリーピー 偽りの隣人」シネリーブル池袋 黒沢清、久々のメジャー作品。原作もあり。 犯罪心理学者・高倉(西島秀俊)、妻・康子(竹内結子)、引っ越してきた隣に西野(香川照之)、大体ここで先は読める。それをいかに語ってくれるか…

2016.7.11 「ふきげんな過去」 テアトル新宿

2016.7.11「ふきげんな過去」テアトル新宿 小泉今日子は魔女である。彼女の中には現実と非現実が混在する。リアルを演じても背後にシュールが起ち現れる。そう演じているからそうなるのではない。彼女の意図を超えてそうなる。こんな女優、他にいな…

2016.7.15 「日本で一番悪い奴ら」 Tジョイ大泉

2016.7.15「日本で一番悪い奴ら」Tジョイ大泉 ほっそりスマートな綾野剛が柔道選手で、それを見込まれて北海道警に入った、という初っ端で躓いた。耳はメイクで潰しているもののどう見たって柔道の猛者には見えない。 言われたことに忠実な新人・諸…

2016.7.1 「葛城事件」 Tジョイ大泉

2016.7.1「葛城事件」Tジョイ大泉 理詰めの生硬な台詞、それを滑舌良く輪郭のはっきりした台詞回しの三浦友和が朗々とやる。押しつけがましく息苦しい。夫斯くあるべき、家族斯くあるべき、父親斯くあるべき、男斯くあるべき、ゆるぎない信念を持ち…

2016.6.08 「ディストラクション・ベイビーズ 」 シネリーブル池袋

2016.6.08「ディストラクション・ベイビーズ 」シネリーブル池袋 海沿いの中小造船所の様子が続く。香港のスラムみたい。予告編にしては長いカット、と思ったら喧嘩する柳楽優弥、本編が始まっていた。メインタイトルも何もない。そこに向井秀徳の…

2016.6.03「殿、利息でござる ! 」Tジョイ大泉

2016.6.03「殿、利息でござる ! 」Tジョイ大泉 ここの所「ボーダーライン」「レヴェナント」と重い映画が続いた。久々の気楽に楽しめる映画、ホッとする。何せ善人しき出てこない。話も全てにオチが付いて完璧、曖昧未消化は一つも無し。見事に予定…

2016.5.27「海よりもまだ深く」Tジョイ大泉

2016.5.27「海よりもまだ深く」Tジョイ大泉 冒頭、公団アパートでの、例により樹木希林 (母) のどこまでがアドリブか解らない絶妙なやり取り、相手が小林聡美 (嫁いだ長女) だから申し分ない。その後、突然、見慣れた電車が大きくカーブを切ってす…

2016.4.22 「リップヴァンウィンクルの花嫁」 Tジョイ大泉

2016.4.22「リップヴァンウィンクルの花嫁」Tジョイ大泉 岩井俊二は苦手である。映画の内容というよりも、如何にも山の手インテリ小ジャレてハイセンス、今時女子の受け要素で固めて、caféよりも居酒屋下町ノリの当方とは意匠が違う。今回も“リップ…

2016.4.21 「モヒカン故郷に帰る」 スバル座

2016.4.21「モヒカン故郷に帰る」スバル座 この監督の「キツツキと雨」はとっても好きである。「南極料理人」も「横道世之介」も良かった。話をガチガチに詰め込まない。独特のルーズさがある。シーンの展開は余計な説明などせず早い。だがシーンの…

2016.4.5 「百円の恋」 テアトル新宿

2016.4.5「百円の恋」テアトル新宿 安藤サクラ、日本アカデミー最優秀主演女優賞受賞凱旋記念と称しての上映。成程、安藤サクラで成立している映画である。 32歳のグウタラダメ女が、中年のこちらもダメ男 (新井浩文) に歳の割には可愛い恋をして、…

2016.3.18 「エヴェレスト 神々の山嶺」 Tジョイ大泉

2016.3.18「エヴェレスト 神々の山嶺」Tジョイ大泉 作家に文体があるように作曲家にも自分のメロディというものがある。それは生理に近い。それを超えようと、偶然性の音楽、理論に即した作曲、数学に委ねた作曲等、様々な試みがなされている。個人…

2016.3.15 「家族はつらいよ」 丸の内ピカデリー

2016.3.15「家族はつらいよ」丸の内ピカデリー 「母と暮らせば」の前に出来ていた作品。「東京家族」のキャストをそのままに喜劇とした。「家族はつらいよ」のタイトルは「男はつらいよ」と少しでも連動させようとする営業サイドが付けたネーミング…

2016.4.1 「ハッピーアワー」 テアトル新宿

2016.4.1「ハッピーアワー」テアトル新宿 昨年のキネ旬の邦画第三位、5時間17分という長さが話題となった映画。テアトル新宿で一週間だけの上映があった。3つに分けての上映、分け方は全くのぶった切り。2回の10分の休憩、高齢者は助かる。 役者は全…

2016.3.26 「遠雷」 (1981.10.24公開) フイルムセンター

2016.3.26「遠雷」(1981.10.24公開) フイルムセンター 京橋フイルムセンター「現代日本の映画監督4 根岸吉太郎」、根岸作品を2週に渡って特集。「遠雷」を観た。公開当時観ているが、遠い記憶の彼方、思い出すのは石田えりの日本人離れしたオッパイ…

2016.3.17 「シェル・コレクター」 テアトル新宿

2016.3.17「シェル・コレクター」テアトル新宿 原作はアメリカだそうな。それを沖縄に持ってきた。渡嘉敷島の孤島に一人暮らす盲目の貝類学者 (リリー・フランキー)。流れ着いた画家の女 (寺島しのぶ) の奇病をイモガイの毒で直してやる。それを聞…

2016.3.11「女が眠る時」 Tジョイ大泉

2016.3.11「女が眠る時」Tジョイ大泉 書けなくなった、ヤレなくなった作家 (西島秀俊) が、リゾートホテルで見かけた初老の男と若い女の如何にも訳有りカップルを見て、妄想を膨らませて、その力で次作を書き上げ、妻ともヤレて妊娠する、という話…

2016.2.12 「俳優 亀岡拓次」 テアトル新宿

2016.2.12「俳優 亀岡拓次」テアトル新宿 最近やたらと出ている安田顕、この映画、脇役一筋の主人公・亀岡拓次を安田が主演で演じるという虚実皮膜、しかも飲み屋の女・安曇 (麻生久美子) に純情一途な恋をするということで、人情ものでもあるのか…

2015.12.29「母と暮らせば」丸の内ピカデリー

2015.12.29「母と暮らせば」丸の内ピカデリー 長崎に原爆が投下された。小倉が第一目標、長崎は二番目。必ず視認で投下せよという命令がされていた。小倉は天候不良、長崎も雲に覆われていた。しかし奇跡的に一瞬雲間から長崎が現れた。その偶然の…

2016.1.13「杉原千畝」日劇マリオン

2016.1.13「杉原千畝」日劇マリオン 日本のシンドラーと言われた杉原千畝の半生を描く。リトアニアの領事として本国を無視してユダヤ人難民にビザを発給し続けた話はあまりにも有名。その映画化。批判はし難い。事実が圧倒的、それ自体がドラマチッ…

2015.8.15 「地獄でなぜ悪い」 DVD

2015.8.15「地獄でなぜ悪い」DVD 公開は2013.9.28。DVDを昨年の夏に観た。観た順を原則とするも本年1月1日の本ブログ、スタートの時点で文章を纏めておらず、本日のアップとなってしまった。時系列が乱れるがお許しを。 近年観た邦画でハチャメチャ…

2016.1.24 「ぐるりのこと」 DVD

2016.1.24「ぐるりのこと」DVD 2008年6月7日 公開。 トミー・フェブラリーと聞いて、何だこれは? と思った。カタカナ好きの音楽業界、まあ仕方ないかと思った。しかしリリー・フランキー、ケラリーノ・サンドロヴィッチという名前を知った時は腹が…

2016.1.24「ペコロスの母に会いに行く」DVD

2016.1.24「ペコロスの母に会いに行く」DVD 2013.11.16公開 数々の賞を受賞して気になっていたが見逃していた。ようやくDVDで観た。 監督の森崎東(1927.11.19生)、主演の赤木春恵(1924.3.14生)、この二人がボケていく老人の話を撮る。映画なのか現…

2016.1.21「海難1890」丸の内TOEI1

2016.1.21「海難1890」丸の内TOEI1 大島ミチルDay、2本目。 ド頭にトルコの大使?のメッセージが入る。(頭ちょい欠けで席につく) 日本・トルコの友好親善映画なのだ。 明治の中頃、和歌山沖で遭難したトルコ船を漁民が村をあげて救助したという実話…

2016.1.21「の・ようなもの のようなもの」丸の内TOEI2

2016.1.21「の・ようなもの のようなもの」丸の内TOEI2 何年ぶりかで1日2本の映画にトライ。丸の内TOEIの上下、どちらも音楽が大島ミチル。 まずは「の・ようなもの のようなもの」、森田芳光へのオマージュ。プロデューサーは三沢和子さん、監督は…

2016.1.11「恋人たち」丸の内TOEI

2016.1.11「恋人たち」丸の内TOEI 突然肉厚の男の顔がドアップで、婚姻届を出した時の喜びを語る。カメラは固定したまま。エンタメでない覚悟は出来ていたが、この導入は凄い。ダメな人はこれだけでダメだ。この映画にフォーカスするまで若干の…

2015.12.1「さようなら」新宿武蔵野館

2015.12.1「さようなら」新宿武蔵野館 一篇の映像詩と言ったら良いか、観る側は通常のエンタメ映画を観る時とは違ったモードで対応する必要がある。これも一つの映画的表現である。 原発事故で汚染され住むことを諦め国を上げて移住を決意した近未来…

2015.11.30「グラスホッパー」丸の内ピカデリー 

2015.11.30「グラスホッパー」丸の内ピカデリー ハロウィンの日、渋谷のスクランブル交差点で恋人(波留)が、秋葉原無差別殺人の様に突っ込んできた車に跳ねられ死ぬ。ひ弱な教師の男(生田斗真)が復讐を誓う。組織に潜り込む。色んな闇の住人たちが…